投資は誰でも出来る!どの投資方法を選ぼう!

レンジアウト取引

サイト管理者
規約
サイト管理者
バイナリーのデモ取引
取引する前はデモ取引を試そう
バイナリーと各投資
FXで取引をするのならどの為替がいいか
相場の基本であるローソク足で取引を見極める
なぜ勝てない?株式やFXで個人投資家が不利な理由
レンジアウト取引
海外バイナリーの30秒取引
少額投資が出来る海外バイナリー
大きなペイアウト率で稼ぐには
バイナリーの基本的な予想方法
短時間で稼げるバイナリーオプション
バイナリーオプション
バイナリーオプションを体験

レンジアウト取引

レンジアウト取引

ペイアウト2倍のレンジアウトって知ってる?

レンジアウトはソニックオプションという海外のバイナリーオプション業者で実装されている取引ルールです。とはいっても名称が違うだけでこの取引ルール自体は別の海外業者にも採用されています。このレンジアウトは基本的な取引ルールはハイローと同じなのですがアウトラインと呼ばれる範囲が設定されるようになりその範囲で取引が終わると予想が当たっていたとしても負け扱いになってしまいます。もちろんそれだけのハンデがあるため利用するメリットが存在し変動なしの固定でペイアウト2倍に設定されています。

アウトラインは他の業者だとスプレッド、レンジ外と表現されているものでありそれらと同じと考えればいいです。しかし全く他の業者のそれらと同じというわけではなくこのレンジアウトは短期取引向けの取引ルールになっており取引時間を最短で30秒に設定できるようになっています。そのためペイアウト倍率が変動しない2倍の取引を30秒を利用した短期取引としてしていくことができるのです。

レンジアウト:30秒取引の攻略ポイント

30秒はあっという間の時間であり取引してすぐに結果が出ます。すぐ結果が出るということはアウトラインで終了する可能性も高いためそこも含めて他とは違う取引の攻略法を考える必要があります。こうしたスプレッド、アウトラインが設定される取引ルールは相場の動きが一定以上あることが勝つために必要であり30秒となるとその動きもより大きいものであることが必要です。

しかし動きがあっても上下して方向が定まらないと範囲外に出たとしても範囲内に戻ってきてしまう可能性が出てくるため、上下せずに流れの方向が決まっているかどうかも見極める必要があります。これらを考えると相場の分析で見極めるべきポイントは動きの強さが一定以上あるかどうか、方向が定まっているかどうかということになります。方向に関してはトレンド相場になっているかどうかを分析することになるため通常のテクニカル分析通りでよいですが相場の動きの強さとなるとそれだけでは足りないため強弱を測るオシレーター系のテクニカル指標を活用するのがいいです。もしくはローソク足の状態を見て大きく動く可能性があるかどうかを見極めましょう。

後はこちらが不利になっている分負ける可能性が通常のハイローよりも高くなっています。そのためメンタル面を安定させることとリスク管理をする必要もあります。理不尽に負けたとしても熱くならず的確に分析して次の勝ちに繋げるようにしましょう。逆に勝ちが続いても油断しないようするのも大事です。

copyright(C)投資は誰でも出来る!どの投資方法を選ぼう!